肌質別の大人ニキビケア

大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料

大人ニキビは肌質にそれぞれ合った方法で正しくケアする必要があります。

大人ニキビTOP > 肌質別

大人ニキビは肌質別にケア

人間の肌にはそれぞれタイプがあり、大きくわけると『普通肌』『脂性肌』『乾燥肌』『混合肌』の4種類にわかれます。

このうち、大人ニキビが発生しやすいのは、脂性肌・乾燥肌・混合肌の3つです。

それぞれ性質が異なっているため、大人ニキビのケア方法は肌質別に合ったものを選ぶ必要があります。

ここでは、それぞれの肌質と大人ニキビの関係について説明します。

脂性肌

皮脂腺からの皮脂分泌量が多いタイプです。

大人ニキビは毛穴に余分な皮脂汚れがつまって起こるため、大人ニキビができやすいタイプと言えます。

対処法としては、正しい洗顔を行い、毛穴の汚れをしっかり落とすこと。また、皮脂分泌量をコントロールするビタミンB群などを積極的に補うことです。

ただ、脂性肌だからと言って、あまり洗浄力の強い洗顔料を使用すると、皮脂を取りすぎてしまい、その反動でさらに皮脂が発生する可能性があります。

そのため、洗顔料はほどよい洗浄力のものを選び、決して洗いすぎないよう注意しましょう。

乾燥肌

大人ニキビは毛穴に皮脂がつまることで発生するので、一見乾燥肌と大人ニキビは無縁のように思えます。

しかし、大人ニキビ発生の原因はひとつではなく、紫外線や雑菌によるダメージで炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

乾燥肌は肌を守るうるおいやバリア機能が低下しているため、外的刺激による大人ニキビが発生しやすい環境にあります。

乾燥肌の大人ニキビ対処法は、とにかく保湿を怠らないことです。洗顔後にたっぷりの保湿を行うのはもちろん、乾燥が気になったらこまめに保湿するよう心がけましょう。

混合肌

混合肌は、額から鼻にかけてのTゾーンは脂っぽいのに、その他の部分は乾燥しやすいという複雑な肌質です。

脂性肌と乾燥肌を併せ持っているため、混合肌のケアは部分ごとに変える必要があります。

脂っぽくなりがちなTゾーンは、特に念入りな洗顔を行い、余分な皮脂汚れをきれいに洗い流しましょう。

一方、頬や目元、口元などの乾燥しやすい部分は、あまり洗いすぎず、たっぷりの保湿を行います。

スキンケアの中には、目元や口元専用の保湿化粧品も販売されていますので、上手に活用してみましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料 All Rights Reserved.