アクネ菌が原因の大人ニキビ

大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料

アクネ菌は、異常繁殖・増加することによってニキビを悪化させるはたらきを持っています。

大人ニキビTOP > アクネ菌

大人ニキビの原因アクネ菌

大人ニキビの原因は人それぞれですが、大人ニキビを悪化させる原因として特に有名なのが『アクネ菌』です。

アクネ菌は別名『ニキビ菌』とも呼ばれており、アクネ菌が繁殖・増加すると、ニキビが悪化して赤ニキビ・膿ニキビになってしまいます。

赤ニキビや膿ニキビは大人ニキビの中でも重症にあたり、皮膚科などで適切なケアを行わないとニキビ跡となって残ってしまいます。

そのため、ニキビを悪化させないためには、アクネ菌の増殖を防ぎ、早期的に治療することが大切となります。

アクネ菌とは

アクネ菌はニキビの原因のひとつですが、同時に肌にとってなくてはならない有用菌でもあります。

アクネ菌はもともと人間の皮膚に存在する常在菌であり、普段は皮膚の酸性度を調整し、外部から侵入する細菌や雑菌から肌を守るはたらきを行っています。

しかし、アクネ菌は人間の皮脂を栄養として増殖しているため、毛穴に大量の皮脂がつまると、アクネ菌が異常繁殖してしまいます。

アクネ菌が繁殖すると、『ボルフィリン』という代謝物が発生し、そこに紫外線が照射されると、大量の活性酸素が発生します。

活性酸素は毛穴につまった皮脂を酸化させ、毛穴まわりに炎症を起こし、大人ニキビ悪化の原因になってしまうのです。

アクネ菌の対策

では、アクネ菌によるニキビ悪化を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

アクネ菌は酸素を嫌う『嫌気性』を持っているため、アクネ菌を撃退するには、毛穴を覆う古い角質を取り除き、空気を取り入れることが大切となります。

古い角質は毎日の洗顔で落とせるほか、ピーリングで直接剥離させることもできます。

ただし、ピーリングは刺激も強いので、ニキビ専用に開発されたピーリング剤を使用するとよいでしょう。

毛穴つまりが解消されれば、皮脂もつまらず、アクネ菌の発生を効果的に予防することができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料 All Rights Reserved.