大人ニキビの治療薬

大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料

大人ニキビの治療薬は、内服薬と外用薬の2種類にわかれています。

大人ニキビTOP > 治療薬

大人ニキビの治療薬

大人ニキビを治療するために病院を訪れると、外用薬または内服薬などの治療薬を処方されます。

大人ニキビの治療には皮膚科美容クリニック婦人科などを受診するのが一般的ですが、処方される治療薬は症状や病院によって異なります。

また、病院で処方される治療薬は市販薬よりも強力で高い効果を誇っていますが、そのぶん副作用のリスクもあるため、取扱いには十分気をつける必要があります。

よって、治療薬を使用する際は、医師の指示のもと、用法・用量を守って正しく使いましょう。

大人ニキビの内服薬

大人ニキビの内服薬として最も一般的なものが抗生物質です。

ニキビ悪化は細菌のはたらきによって悪化するため、主に『クラリス』や『クラリシッド』など抗生物質を用いて殺菌を行います。

ほかにも、ニキビの可能を予防する『セフゾン』や『バナン』をはじめ、皮脂の過剰分泌を抑える『ミノサイクリン』や『ミノマイシン』などのテトラサイクリン系治療薬が処方されます。

また、ホルモンバランスによる大人ニキビを治療する場合は、婦人科で女性ホルモン剤『マーベロン』などが処方してもらえます。

ちなみに、市販薬を使用する場合は、皮脂の分泌量を抑えるビタミンB群配合のサプリメントが効果的ですが、これらはニキビ予防または初期症状にのみ有効なので、悪化したニキビを治すことはできません。

大人ニキビの外用薬

大人ニキビは古い角質によって毛穴がふさがれ、皮脂汚れがつまってしまうことから発生します。

そのため、病院で処方される外用薬は、古い角質を取り除くケミカルピーリング剤が主流となっています。

代表的なケミカルピーリング剤としては『サリチル酸』や『トレチノイン』『アダパレン』などが挙げられます。

市販の外用薬としては、非ステロイド性の抗炎症薬『イブプロフェンピコノール』などが一般的ですが、医療薬に比べて使用感がマイルドなぶん、重症化したニキビを根本から改善することはできません。

もともとイブプロフェンピコノールは対症療法薬なので、大人ニキビをしっかり治すには医療機関の処方薬を使用しましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料 All Rights Reserved.