大人ニキビの症状

大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料

大人ニキビは症状の進行具合によって大きく4つの種類にわかれています。

大人ニキビTOP > 症状

大人ニキビの4つの症状

大人ニキビの症状はひとつではなく、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビの4種類にわかれています。

このうち、白ニキビは初期症状にあたり、対する黄ニキビは末期症状に分類されます。

末期症状まで来ると、ニキビが治っても跡が残ってしまう可能性が高くなるので、ニキビはなるべく初期症状のうちに発見し、早急にケアしておきましょう。

ここではそれぞれのニキビの症状について説明します。

白ニキビ

大人ニキビの初期症状です。毛穴が古い角質でふさがってしまい、毛穴から分泌された皮脂が閉じ込められてしまった状態を指します。

白く見えるのは余分な皮脂がつまっている証拠で、この時点でニキビをつぶすと白い皮脂が出てきます。

そのため、白ニキビをつぶして悪化を防ごうとする方も多いのですが、ニキビはつぶすとかえって跡になって残ってしまうため、絶対にやめましょう。

白ニキビは症状としては軽い方なので、正しい洗顔を行っていれば悪化せずに自然に治るケースがほとんどです。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビ同様、大人ニキビの初期症状にあたるものです。

黒ニキビも余分な皮脂で毛穴がつまってしまった状態を指しますが、白ニキビとの大きな違いは、つまった皮脂が空気に触れ、酸化して黒ずんでしまうところです。

酸化すると粘性を帯びて毛穴にこびりついてしまうため、同じ初期症状でも、黒ニキビの方が白ニキビよりも治りにくくなっています。

ただ、黒ニキビも大人ニキビの中では初期症状に入るため、根気よく正しいスキンケアを行えば悪化せずに済みます。

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビがさらに悪化すると、ニキビが赤みを帯びるようになります。これが赤ニキビです。

人間の肌には『アクネ菌』という常在菌が存在しており、外部から侵入してくる細菌や雑菌を撃退するはたらきを持っています。

ただ、アクネ菌は人間の皮脂を好んで繁殖・増加する傾向にあり、白ニキビや黒ニキビができると過剰発生して炎症のもとになってしまうのです。

赤ニキビまで進行すると、毛穴回りが炎症を起こして痛みをともなうようになるほか、周囲の組織まで浸食し、ニキビを大量発生させてしまう原因になります。

赤ニキビは洗顔だけで治すのは難しいので、スキンケアと同時に皮膚科などを受診することをおすすめします。

黄ニキビ

赤ニキビをさらに放置しておくと、膿を持った黄ニキビに変化します。

黄ニキビは大人ニキビの中で最も症状が悪化した状態で、炎症がさらに進み、表皮の下の真皮層まで傷つけるようになります。

すると、真皮層がその部位だけ凹んでしまい、結果的にニキビ跡として残ってしまうのです。

黄ニキビまで悪化すると、セルフケアだけできれいに治すのは困難です。日常のスキンケアとともに、医療機関を受診し、適切な処置を行ってもらいましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 大人ニキビに効く!化粧品と洗顔料 All Rights Reserved.